20160914123230_2
20160914123424_1

距離での検知確立の低下云々のお話。

相対検知距離1で50%とされるが若干の誤差は出るみたいですね。(45%~55%ぐらいの印象) 
とりあえず今回は光学式カメラ90で。 
20160914123946_1
今回使うのは荒天MAX時のこの3*3*3の敵のフォートレスオブジェクト
20160914123424_1
見出しの通り、見ての通り距離15で50%前後の検知距離と言ったところ。

20160914123900_2
20160914123909_1
そして相対検知距離の倍の30の距離を取ると、そのまま検知できている割合は25%前後となった。
20160914124214_2

うーん、検証してて気付いたが、動いていないビークルだとこの辺りの誤差が扱い難い!w
実際のところどの程度のエラーが出るのか判断し難いねぇ


20160914124741_1
20160914124802_2
距離45だと16~17%程度
20160914124554_1
20160914124613_1
検知距離60で12~13%
20160914125407_2
20160914125418_1
検知距離75
時折、ターゲットが居ません!という表示になるか、10%表示になるか。
という具合なので恐らく10%以下は表示されない可能性がある。

20160914125618_2
検知状況もポツ・・・ポポポツ・・・・・・・・・ポツ・・・ポツ・・・ポポツ・・・
という具合でかなり間隔が空いたりしている。
20160914125821_2
だがしかし、コレだけ厳しい検知状況でも、レーザーレンジファインダーなどのロックオンには全く問題ないらしい。
ロックオン装備を起動させないだけの検知距離、というのは相当に厳しいらしい。


20160914130712_1
レーザーレンジファインダー等ロックオン系で一度でも捕捉し、
尚且つ相手が動かない、若しくはあまり機動力の高くない相手の場合は
どうやらレンジファインダーが捕らえた情報でそのままロックオンし続けてくるらしい・・・
20160913125856_1
勿論、小型で尚且つスピードが出来る機体であればそれらを”振り切る”事は出来る様だが・・・。

20160914130833_1

そして・・・どうやらこの75、検知距離の5倍の距離で完全に検知できなくなる距離という具合らしい。
ココから僅かに動かすと検知マーカーが付いたりするぐらいという按配?

とりあえず相対検知距離の5倍の距離を取れば「検知距離1の装備」に引っかからなくなる。
そしてそれに引っかからないのであれば=検知距離2の装備は起動できないという事。

1=50%
2=25%
3=16~17%
4=8%前後? (10%表示~ターゲット無し表示)
5=4%前後? もう少し距離を取れば完全に検知不能に

てな具合ですかねぇ

追記
20160914133624_1
レーダーもどうやら相対検知距離の5倍よりちょい遠いぐらいで検知が完全に止まるのを確認。
どの属性でも5倍の距離取れば見つからない、という判断でいいかもしれないね。