v1.9557[dev test only] [LAMs Rebalance v1]

LAMS now can target Crams and APS shells.
LAMSはCRAMやAPS弾丸をターゲットにすることができるようになりました。
Missile Warners can now SEE large crams and APS shells
ミサイルワーナーはCRAM弾やAPS弾を捕捉できるようになりました。
(detection range based on volume, and there is an increase to detection range if the shell as fired from high altitude)
(検知距離は体積依存で、高高度から発射された砲弾は検知距離が延びる
Some APS components now affect detectability.
一部のAPS構成パーツが検出しやすさに影響します。
 
20160607182036_1
CRAM砲弾など体積の大きい砲弾の迎撃が可能に。
Adv砲の小口径弾は感知距離が小さすぎる為かなり厳しいがCRAMはほぼ迎撃可能という按配。
20160607152323_1
ただAMCC制御砲での迎撃は不可能?らしくそもそも動かない模様。

 

Still to be done: 今後の予定

 
1) Not all APS shells and CRAM shells to explode and die.
1)すべてのAPS・CRAM弾が破壊・爆破できるわけではありません。
 
Some to just ignore their lack of health and carry on.
一部の砲弾は耐久値がなくなっても関係ありません。
 
For example CRAM without HE/EMP/FRAG will not care about being health-depleated by LAMS.
たとえばHE/EMP/Fragを持たないCRAM弾はLAMSで耐久値を失っても関係ありません
 
2) Missiles to have variable health based on size
2)ミサイルはサイズによって耐久値が変わるように
 
従来の一律HP100から変更が来る?
 
3) APS shell modules to affect the damage resistance of the shell to lams
3)APS弾モジュールが砲弾の対LAMSダメージ耐性に影響するように
 
4) Missiles to have variable detectability based on thrust output.
4)ミサイルの検出しやすさが推力依存で変化するように
 
A super equation needs to be formed to govern all projectile types to derive detection range
全ての種類の弾体の検出距離を導出する統一的な式を作る必要があります。
 
1.9558ミニアップデート
 
New update out.
新しいアップデートを出した。
 
More info displayed to relevant UIs about health and detection range
関連したUIに耐久値と検出距離の情報が増えました。
 
A bit more "balance" on said health and detection range
言及されていた耐久値と検出距離の「バランス」を少し改善
 
bug fixed with anti missile cannon controller
AMCCのバグを修正

後は翻訳班が訳してくれた通りカネー?

あと、シールド破壊砲弾は精度が劇的に低下、そして上述の迎撃システムでの感知距離が3倍に増える等
色々とデメリットが。
そして更に強度1ならEMP威力125の砲弾一撃で壊せるが、強度3シールドだと3発、強度10シールドだと10発必要になったようだ。