20160503182524_1
20160503182724_1
気を取り直してQ2最小限機関。
例によって必要な電力量は350なのだが100単位なので(ry
ディスタビライザ必要数も3、というかこれ以上は伸びないorほとんど誤差の範囲。 
矢張りと言うか14秒前後から威力が低減。 

 -------------------------------------------------------------

20160503183439_1
20160503183543_1

余談だが最小構成だから、といってレーザーキャビティを減らしすぎるのは宜しくない。
エネルギープール容量が足りずミサイルを一撃で破壊するボーダーラインを突破する事が出来なくなってしまう。
画像のものは無理やりディスタビライザを増やしマルチパーパスレーザー側に表示される威力を104まで上昇させてみた機関のもの。
矢張り届かないらしい。


何にせよキャビティを異常に減らす、というのはやめたほうがいいということで。

-------------------------------------------------------------- 

20160503184807_1
20160503184859_1
そして枝2本。
まだダメ。
 
-------------------------------------------------------------- 

 20160503185815_1
20160503185950_1
枝3本式。
ま、まだダメか・・・orz Q2も最小構成だと短時間照射が限界なのか・・・

 -------------------------------------------------------------- 

20160504001147_1
20160504001805_1
Q2枝4本・・・(ノд´)ウワーン
流石にポンプ4個だけじゃどっちにしろ厳しいってことか。


結論:最小限構成のQ2君アウト。

 
 -------------------------------------------------------------- 

何かと使い勝手が良い機関だっただけにカナシイ
まぁ長時間照射考えなければ問題ない&余裕を持って威力120ぐらい出せるなら暫くはミサイルに対しても有効な射撃が可能なので・・・
ミサイルが常時飛んで来るような激しい戦場じゃなければ問題ないんだけどね。 

どちらかといえばどのぐらいから枝を分けていく事で効果が出るのか見たいってのが大きいかの。 
どうせ本命は大型機関だし。