20160503180331_1

余談だがテスト開始直後はどうやら完全にスポーン直後扱いらしく、エンジン出力0、レーザーエネルギープール内のエネルギー0から始まる。(多分以前のLMDまとめ記事でも言及・・・してたようなしてないような?

その為テスト開始10秒までは威力が低い&段々と供給が間に合うようになるという具合。
そして今のところ14~5秒に達したところで枝を構成できていない機関は威力が減じ始める傾向にある。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


20160503175503_1
20160503175655_1
枝1型Q1レーザー機関。
最小 構成。テスト開始15秒を境に威力減衰
ちなみに本来は消費電力250で間に合うのだがアップデートにより100単位での供給力増加となった為Pump3本、消費電力300の構成となっている。
まぁその分ディスタビライザ(威力増加パーツ)を減らせるのかもしれませんが。
20160503175907_1
20160503180345_1
出力が低すぎるのと枝2本だけ、という状態ではどうやら15秒の壁を突破できない模様。

20160503180928_1
20160503181103_1
Q1LMD枝3本機関。今回の本命
・・・現実は無情である。

 

結論:最小構成Q1機関での威力維持は不可能 


逆に言えば威力維持を考えず一瞬だけ使えればOKという考えなら利用しても問題ないと言えるかな?
んまぁQ1だとLMDとしても性能不足感がありますが・・・。