今回はACBの追加項目アレコレでも。

思ったより長くなりそうなのでタイヤとか以前の米のアレコレが・・・0(:3 )~_(:3 」∠ )_ぐえー
●ACB追加項目あれこれ。


■Condition

●Time of day

20180804111838_1
20180804111843_1

時間帯指定設定。
さっと思いつくのは照明関係ぐらいだろうか?

Within resource zone


20180804112120_1
20180804112130_1

リソースゾーンの掘れる範囲か否か。
これまたすんげーニッチだゾ・・・。


Laser attack


20180804112720_1

先日も紹介したレーザー攻撃反応設定。
例によってレーザーワーナーに依存しているらしく、

・ワーナーの周囲20m以内しか検知不能
・勿論ワーナーの正面が塞がってると使えない

・・・と言うことで、AIで拾った情報をそのままACBで使えるようにしているらしい。
レーザーアブソーブシールドへの変更やら、スモークディスペンサーケチって自爆スモークを使いたい!
というときに使うあれこれ、かしら。

今はACBの複雑化が容易なのでそのままスモーク弾を吐き出し続ける設定とかも有効ね。

●Bearing

20180804105626_1
20180804105634_1
20180804115745_1



ビークルから見て何度の方向に敵がいるか
で稼動する設定。図だと艦正面に敵を捉えれば発動するーという状態。

逆に艦正面以外に敵が居る場合~とかも出来るのでいろいろと応用が利く。

・・・なのだが、あくまで見ているのは横への方位だけらしく、高さとかは一切考慮していないっぽい。

20180804111500_1

こんな具合ではるか高空を飛んでるけど発動しちゃってる状態。
この辺りは敵高度系設定でなんとかしやがれ!という扱いだろう。


●Speed

20180804120220_1


敵の速度をトリガーとしたもの。
言うまでも無いかもしれないが、AIメインフレームが無いと敵情報が得られないので注意。

低速の敵だと~とか、高速の敵だと~ということが可能になるであろう。

●Health

敵のHPが何%だとどうする、という設定。
主にオーバーキルの抑制に使われそうかな?


● Power


20180804120506_1

敵のエンジン出力も採れる様に。
相手のエンジンの出力の最大出力をどうやら見ているようだ。
20180804122410_1
20180804122353_1
この船を呼ぶとこの設定でONになる。デフォだとこの出力より弱いエンジンの持ち主はOFF
強い奴が出るとONという挙動の模様。(MAX側)


■Target

●Detection components


索敵パーツのオンオフが可能に。
・・・これまた、いろいろ出来る様になるけど必要なケースがぱっと思いつかないシリーズ・・・!


●AimPoint cards

20180804121132_1

エイムポイントカードの設定変更が可能に。
ランダム照準への切り替え、敵の弾薬庫とAI狙い、そして標的変更頻度の切り替えが可能に。

コレは地味に便利、特に対大型艦だと武装を破壊できる可能性があるランダム狙いのが有効・・・というケースもあるので。


●Sails

帆の出し入れをACB制御が可能に。

帆、帆かァ・・・
(公式系で帆の不具合を報告したら「誰もきにしてねぇよwwww」とか言われたのを思い出してしょんぼり)


●LAMS

20180804123521_1
20180804123454_1

そういえばすっかり忘れてましたがLMD(LAMS)に色変更機能が・・・
20180804123713_1

まだ着てないですね?(ため息
結構パッチで修正されて回ってるけど難しいのかしらぁ。

ともあれLAMSの色変更、射程変更、射角変更がACB側でも可能に。
相手によって変更する~と言うのにも勿論有効ですが一括で射程を絞る~という使い方にも有効かもしれませんね。


●Laser systems

おお!何か新機能が・・・と思ったら色を変えるだけでしたァン!
あくまでもレーザーカラーチェンジャーを使わないといけないらしく・・・むむむむ。


●Ammo intakes

相変わらずID取得方法もわからないので前回紹介時点と変わらないので割愛0(:3 )~_(:3 」∠ )_
ぐぬぬ・・・



FTDをごにょごにょ出来る兄貴はIDを取得する方法がわかってるのでお先に楽しめている模様。


●Heat decoys

何気に (アレ・・・今まで無かったのか・・・)
という項目。ヒートデコイのOnOFFが可能に。

地味だけど敵が居ないときはOFFとかも出来るのは有り難い限り。



●Refineries

これまた「アレ?!無かったの・・・?」な項目
地味だけどこういった拡充はうれしい限り。


●Steam valves

コレも何でなかったのやら・・・。
20180804125247_1
忘れてる人も多そうなので画像も張っておこう・・・w

スチームエンジンの圧力が過剰な際にピストンがぶっ壊れる為、過剰な圧を逃がしてくれる装置。

●Hologram projectors

コレもホログラム実装時に付けておいて欲しかった!
ホログラムプロジェクターのOnOFF機能だけだが搭載されました。

・・・ACBで無茶苦茶頑張ればパラパラ漫画的な具合で色々出来そうかな?


●Missile laser emitters

エ ミ ッ タ ー よ お 前 も か 

こうやって見ると意外と制御できないパーツ多かったのだなぁ・・・。
エミッターはタイプ変更とOFFが可能。

●Smoke dispensers

これまたAIのレーザーワーナーでのみでしか出来なかったことがACBでも可能になりました~
という案件。
・・・とはいえランニングコストも散布能力も低いので選ばれるのだろうか彼は・・・



と言ったところで書きつかれたのでこのぐらいで。
色々と革新的なのはBearingの項目かなー、どうかなー